ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper 冬物家電プロジェクト

冬物家電プロジェクト

ご支援ありがとうございました! 1万3000世帯に冬物家電を届けることができました!


 

お礼メッセージのご紹介(絆ハガキ)

 


「ご支援いただいた皆様へのお礼メッセージ」はこちらです。是非お読みください(200枚抜粋)。

また、新たに、絆ハガキを以下に分類しました。
・かわいい絵柄
http://wallpaper.fumbaro.org/winter_electronics/thanks-letter1/

・ありがとう
http://wallpaper.fumbaro.org/winter_electronics/thanks-letter2/

・「なぜ・・」(悲しい内容を含みます)
http://wallpaper.fumbaro.org/winter_electronics/thanks-letter3/

 

 


2012.02.03
ふんばろう東日本支援プロジェクト代表
早稲田大学大学院MBA専任講師・西條剛央

ご支援ありがとうございました。皆様の温かいご支援のおかげで13,000のご家庭に冬物家電を贈ることができました。


皆様からの温かいご支援ありがとうございました。

おかげさまで、当初の5000家庭へ!という目標を大きく超え、13,000世帯以上に、こたつ/ホットカーペットを贈ることができました。

[実績]
2011.10~2011.11
南三陸町、ふんばろう登録宅を中心に先行配布      支援台数:3,106台
2011.12~
地元新聞・ラジオで、希望者を募集し郵送受付       支援台数:10,009台 
総支援台数:13,115台(こたつ/ホットカーペット)
ストーブの支援実績はこちら

 

先行配布後の2011年12月。まとまった件数にお送りすることができるため、各地に点在し、支援を受けられないみなし仮設の人も含めて今後の支援にもつなげていくため、罹災証明書のコピーと一緒に申し込んでもらい希望家電を直接配送するという新たな方法を用いました。

そうしたところ、我々の設定した支援基準を満たすところだけでも想定を大きく上回る1万世帯以上のお申し込みがありました。

そして頂いた手紙の内容を見ますと、みなし仮設といわれる、アパートの借り上げ住宅や、半壊した自宅に戻られている方々が、ほとんど支援を受けられていなかったことがわかりました。まったく支援が得られない「支援空白地帯」が各所に点在しているのです。

自宅避難宅の方々には赤十字からも国からも冬物家電の支給はありません。
国や自治体、赤十字からの支援が届かない方々に届けるために。

最終的に、新冬物家電配布プロジェクトで、申し込みがありかつ支援対象に該当する世帯は、累計13000世帯にものぼりました(すでに3000世帯は11月末時点で配布済みでした)。これは国策規模の事業であり、本来、国や多額の支援金を保持してる赤十字が担うべき事業といえます。

1万通もの仕分けや入力は膨大な作業になりましたが、急遽200名以上ものボランティアの皆さんがかけつけてくださったおかげで、短期間で入力を終えることができました。また応募が1万世帯を超えたことを受けて、トヨタレンタリース栃木の新井社長より1000万円(2500世帯分)、デジタルオアシスの石田社長より100万円、丸山順子様をはじめ個人の方々、から大口のご寄付をいただくといった幸甚に恵まれました。

それでもなお、12/21時点で1100万円(2750世帯分)足りず、家電を買いたくても買えない状況にありました。

2011年12月下旬。被災地はマイナスの世界に入り相当厳しい寒さになっていました。年末までには全宅にお贈りして、お正月ぐらい温かく過ごしていただきたい、と思わずにはいられませんでした。
そこで12月21日~26日まで、急遽マッチングサイトを再稼働させてツイッターで広くご支援を募る「冬物家電キャンペーン」を展開しました。結果、わずか6日間で、申込みされた全世帯に贈ることができる分のご支援をいただくことができました。

 

ご支援いただいたみなさまへ

皆様からのご支援のお陰で、ほぼすべてを年内~お正月にかけて贈る事ができました。

本来ならば、個人の皆様全てに御礼を申し上げるべきところですが、以下の被災された方々から皆様へのお手紙をもって、お礼と代えさせていただきます。
「ご支援いただいた皆様へのお礼メッセージ」にまとめました。こちらです。























まだまだ多くのメッセージを頂いております。こちらをご覧ください。

多くの皆様のご支援に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

大口の支援金をいただいた皆様(受付順)


株式会社フェリシモ 様

 

Derrick White・國井千寿 様ご夫妻

浅井秀樹(読売巨人軍) 様

丸山順子 様

藤岡商事株式会社 様

グーテ・ド・ママン 様

矢切幼稚園(千葉県松戸市) 様

エアカナダ トロントベース
日本人客室乗務員有志一同 様

サポサポproject 様

藤原 様

株式会社デジタルオアシス 様

柿沢未途(衆院議員) 様

はるた学(渋谷区議会議員) 様

株式会社トヨタレンタリース栃木 様

他多数の皆様

心より感謝申し上げます。
タグ:
プロジェクト終了ロゴ

Templateプロジェクト

huyu_kaden1.5.png