ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper うれしいプロジェクト Message from 西條 剛央

Message from 西條 剛央


自立につながる被災地支援を「うれしいプロジェクト」で応援



これからの被災地に必要なのは仕事と教育と心のケアの3本柱と考えています。
仕事がなければ自立した生活を営むことはできません。また誰でも仕事がないだけで
不安な気持ちになりますから、雇用創出は心の安定にもつながっていきます。

こうした考えから、ふんばろう東日本支援プロジェクトでは、
物資支援や家電プロジェクトといったモノの支援に加えて、
早くから「重機免許取得プロジェクト」「ミシンでお仕事プロジェクト」
「手に職・布ぞうりプロジェクト」といった就労支援を行ってきました。

数万円は生活費としては1週間でなくなってしまいますが、同じ数万円で
重機免許を取得してもらったり、ミシンセット(講習会)を提供することで、
何百万円も稼げるようになれば、自立につながる最も効果的な支援となります。

また、被災地には塾もなにも無くなってしまったため、
子ども達の教育環境は極めて厳しい状況にあります。
10年かかるといわれている復興の未来を担うのは子ども達です。
15才の子は、10年後、25才となります。

そうした子ども達が望む進路に進み、いきいきと輝いた人生を
送ってもらうことが、復興につながっていくことから、
ふんばろう東日本で支援プロジェクトは「学習支援プロジェクト」も
行ってきました。個人指導を通して子ども達に寄り添うことは、
震災で傷ついた子ども達の心のケアにもつながっていきます。

ぜひ、これからの被災地に本当に必要な自立につながる支援を
このうれしいプロジェクトを通して応援していただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


ふんばろう東日本支援プロジェクト代表
早稲田大学大学院MBA専任講師・西條剛央