ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper スマートサバイバープロジェクト 活動報告 2015.2.27「子どものいのちを守れる親になる」@国分寺

2015.2.27「子どものいのちを守れる親になる」@国分寺

東京・国分寺の恋ヶ窪公民館で、防災ワークショップ「子どものいのちを守れる親になる」@国分寺を行いました。

今日の参加者は、定員15名のところ、20名を超すママ。
そして、パパも参加してくださっていました!
生後半年〜未就学児の子は、国分寺市の計らいで託児をつけていただくことができました。





ワークショップ中、ママ達は真剣そのもの!
ワークショップ後の防災食の試食会でも、写真を撮ったり、
最初から最後まで、何かお話させていただくごとに、
しっかりメモしているママが本当に多かったです!


途中、佐藤敏郎先生の話、大川小学校の話をさせていただき、
「大人が知らないと、備えていないと、子どもは守れない」こと、 
そして、大災害の時には、7割が「凍りつき症候群」と呼ばれる、
いわゆる思考停止状態になってしまい、正しい行動をとることが出来なくなること、
最近は「想定外」と呼ばれるほどの凄まじい天災が多発することが、
そう珍しくない時代になってきているので、
ママがそういうことを知って、平時から意識しておこう!と呼びかけました。 



終了後も、何人ものママが、ママ講師に質問をする姿が見られ、
国分寺ママの意識の高さ、そして「自分が大切な人を守るんだ!」という
想いを強くを感じました。

これからも、こんなママたちを日本中に増やしていけるよう、
頑張りたいと思います。