ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper いのちの健康 pdfダウンロード・いのちの健康ヒント集

pdfダウンロード・いのちの健康ヒント集

■現地にボランティアに行かれる方 ■被災された方

現地にボランティアに行かれる方のためのケア資料

pdf「支援者用注意事項一覧」
被災された方に接する際の諸注意です。
またこうしたことを守ることが,支援者のこころの安全にもつながります。
pdf「被災者サポートパンフ」
長期的支援を見すえて,被災された方々への支援のさまざまな形や,
こころの移り変わりの傾向について記しています。「支援者用注意事項一覧」とあわせ読まれることをおすすめします。
pdf「IMC_TELL_Volunteer_Handout_Japanese」
【IMC(International Medical Corps)】
※ボランティア活動の手引きです。内容は日本語版。
上記【支援者用注意事項一覧】をより詳細にしたような内容です。
被災された方へ接する際の諸注意。支援者自身の適時のセルフケアの
必要性などについて書かれています。
pdf 「〈対話法〉のすすめ」
現地もしくは全国の後方支援地区での会議やミーティングでの
ちょっとした行き違いを避け,
相手も自分の気持ちも大切にする「確認型」のコミュニケーションの
コツをご紹介します。
pdf「こころと身体をゆるめましょう」
長期にわたる生活の変化からくるストレスや疲れを感じていませんか?
そんなときはちょっと一息。誰でも簡単にできるセルフケアのまめ知識です。
この中のどれかひとつでも,継続してみてください。
支援者のリラクセーションとしてもお使いいただけます。
pdf「CapacitarEmeergenceKit 日本語版」
※セルフケアやヒーリングの教育活動を国際的に展開している
Capacitar Internationalのマニュアルの日本語版です。

「ヒーリング」とは,日本語で「手当て」といわれてきたものです。
たとえば,痛い場所に反射的に手をおくことや,弱っている方の肩にそっと
手を触れることや,身体をもんで心身の緊張をほぐすことも,「手当て」です。
このファイルには,そのような誰でもできる「ヒーリング」のいくつかについて
解説されています。
この資料は,支援者のセルフケアにも役立てていただけるものです。
pdf 「放射線への手当て・1」
心配な方へ。
日本の補完代替医療では広く知られる野口整体に基づき,アレンジされた整体法です。野口晴哉(1911〜1976)は,原爆で被曝された方へ,この整体法を指導していました。基本は新陳代謝をよくして免疫力を高めることです。
このファイルでは消毒と排毒について簡単な方法が書かれています。
pdf「放射線への手当て・2」
多少,専門的な内容です。整体の専門家の方は参考になる内容です。
pdf「放射線への手当て・3」
放射線の影響を低減するための日々のセルフケアについてです。
放射線に限らず,日々のストレスを低減するために,
しなやかな身体をつくることは大切です。
ここにはその簡単な方法が図記されています。
なお,【放射線への手当て】1・3は誰でもできるものなので,支援者の方にもお使いいただけます。

▲ページ上部へ

被災された方のための資料


pdf「被災児童・生徒に関わる学校の先生方へ」
【JTGSプロジェクト】
被災した地区から来た児童・生徒への学校の先生の関わりかたの注意事項を
まとめています。
子どもたちだけでなく,先生方ご自身のこころの安全を守るためにも,
お役立てください。
pdf「こころと身体をゆるめましょう」
長期にわたる生活の変化からくるストレスや疲れを感じていませんか?
そんなときはちょっと一息。誰でも簡単にできるセルフケアのまめ知識です。
この中のどれかひとつでも,継続してみてください。
また,支援者のリラクセーションとしてもお使いいただけます。
pdf「CapacitarEmeergenceKit 日本語版」
※セルフケアやヒーリングの教育活動を国際的に展開している
Capacitar Internationalのマニュアルの日本語版です。

「ヒーリング」とは,日本語で「手当て」といわれてきたものです。
たとえば,痛い場所に反射的に手をおくことや,弱っている方の肩にそっと
手を触れることや,身体をもんで心身の緊張をほぐすことも,「手当て」です。
このファイルには,そのような誰でもできる「ヒーリング」のいくつかについて
解説されています。
またこの資料は,被災された方のみならず,支援者のセルフケアにも役立てていただけるものです。
pdf 「放射線への手当て・1」
心配な方へ。
日本の補完代替医療では広く知られる野口整体に基づき,アレンジされた整体法です。野口晴哉(1911〜1976)は,原爆で被曝された方へ,この整体法を指導していました。基本は新陳代謝をよくして免疫力を高めることです。
このファイルでは消毒と排毒について簡単な方法が書かれています。
pdf「放射線への手当て・2」
多少,専門的な内容です。整体の専門家の方は参考になる内容です。
pdf「放射線への手当て・3」
放射線の影響を低減するための日々のセルフケアについてです。
放射線に限らず,日々のストレスを低減するために,
しなやかな身体をつくることは大切です。
ここにはその簡単な方法が図記されています。
なお,【放射線への手当て】1・3は誰でもできるものなので,
支援者の方にもお使いいただけます。
▲ページ上部へ