ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール

福島支部

2011年6月より活動開始。福島支部は当初、ガイガーカウンタープロジェクトとして設立・運営されていましたが、震災・津波被災地への幅広い支援対応を行うために分離して活動を開始しました。以降、仮設住宅にお住まいの方への物資支援を中心として、各種の支援情報の提供や、県外避難者への支援などにも取り組んでいます。

活動内容と沿革

福島県は、原発事故による放射能汚染だけではなく、地震や津波でも甚大な被害を受けています。2万世帯、9万人以上の人々が住む家を追われ、県内そして県外への避難生活を余儀なくされています。

福島支部は当初、ガイガーカウンタープロジェクトとして設立・運営されていましたが、震災・津波被災地への幅広い支援対応を行うために分離して活動を開始しました。以降、仮設住宅にお住まいの方への物資支援を中心として、各種の支援情報の提供や、県外避難者への支援などにも取り組んでいます。Facebookのグループには2/15現在109名が参加しています。

 

活動実績

7月 避難所・仮設住宅への物資支援説明会(10カ所)

9月 南相馬市に家電を支援

10月 旧平石小学校仮設住宅訪問

浪江町、大熊町、富岡町、楢葉町の仮設住宅の集会場に共同で使っていただくミシンを支援。

南相馬市、浪江町の被災者にふとん、毛布の配布。

11月 会津地方及び中通りの仮設住宅に除雪機材を配布

12月 浪江町仮設住宅(二本松市)に寒さ対策シート配布

福島支部トナカイ隊:クリスマスツリー支援(仮設住宅、仮設住宅内保育所等32カ所)

1月 楢葉町仮設住宅(いわき市)に冬物衣料配布(9日、21日)

東京国際フォーラムで行われた「なみえのしゃべり場(浪江町からの避難者の交流会)」で毛布とハンドメイド部作成の品物を配布(29日)

 

その他の実績

仮設住宅で行われている布草履プロジェクト、お針子プロジェクトなど仕事につながる活動を支援しています。

県外避難者への支援の充実を目指しており、まずは首都圏に避難されている方の交流の場を定期的に提供する準備をしています。

 

関連サイト

福島支部トップページ
http://wallpaper.fumbaro.org/fks-branch

Facebookグループ(加入申請が必要です)
Fumbaro_福島支部