ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう活動実績 2011-2012 物資支援関連の活動報告

物資支援関連の活動報告

物資支援プロジェクト

2011年4月より活動開始。必要なものを、必要な分だけ、必要なところへ。ふんばろう東日本支援プロジェクトは物資支援から始まりました。被災された方が必要とする物資をインターネット上に掲載し、支援者が直接物資を送付する仕組みです。

もっと読む

ガイガーカウンタープロジェクト

2011年5月より活動開始。身の回りの放射線量を正しく知ることで、生活の中で放射線を受ける量を減らせるよう、ガイガーカウンター(放射線測定器)の無料貸し出しと、放射線を正しく測定するための講習会を行っています。

もっと読む

家電プロジェクト

2011年5月より活動開始。 赤十字からも行政からも支援対象とされない自宅避難者へ、家電製品を贈るために2011年5月に始動。中古家電を一般家庭から募ってトラック輸送する「収集イベント型」で始まり、夏の扇風機プロジェクトからは独自のECサイトで支援を募り、大量購入する「ECサイト型」を導入。多くの家庭に家電製品を贈りました。参加ボランティアは、のべ500名以上。

もっと読む

給食支援プロジェクト

2011年7月より活動開始。宮城県石巻市などの被災自治体の小中学校に給食のおかずなどを支援。要請があった小中学校で2011年11月中旬まで支援が続けられました。

もっと読む

PC設置でつながるプロジェクト

2011年9月より活動開始。当初、津波被害が大きかった地域では仮設住宅の立地は高台となり買い物が困難な状態でした。そこでパソコンを利用したネットショッピングが出来るように各地にパソコンを導入しようという事が発足のきっかけとなりました。協賛各社の協力で被災地へ一通りのPC環境を届ける「PC設置でつながるプロジェクト」が発足しました。

もっと読む

大量発送プロジェクト

2011年6月より活動開始。企業からの支援や、全国各自治体に眠る大量物資をお届けするために始動。

もっと読む

Amazon班

2011年5月より活動開始。物資支援プロジェクトの物資支援方法にAmazonほしいものリストからの支援という選択肢を追加する目的で設立されました。2012年2月からは東北の物品購入促進とアフィリエイト収益による、他班・プロジェクト支援を目的として、ふんばろう商店を立ち上げました。

もっと読む

EC班

2011年6月より活動開始。ふんばろう東日本プロジェクトECサイトカウロコ(kauloco.com)はふんばろう東日本プロジェクト宮城支部のメンバーで被災地の地元から支援物資を送ろうというコンセプトの元に開始しました。

もっと読む

動物班

2012年1月より活動開始。被災地でご自身も被災して大変な中で、もう一人の被災者達である動物を保護 している方々へ物資支援を行う目的で、命は助けるもの。生かすもの。という思いを胸に活動中。

もっと読む

さかなのみうら (提携先)

2011年3月より活動開始。南三陸町で三代続く鮮魚店、「さかなのみうら」社長三浦保志氏は、自らも被災し、店舗も自宅も流されてしまいながらも、 「このまま故郷をゴーストタウンにさせてたまるか!」という強い信念のもと、炊き出し等を行うなどして支援活動を行っていました。そこにふんばろう代表西條剛央さんがたまたま出会ったことがきっかけで、その後も連携し、避難所や仮設住宅への物資支援を続けています。

もっと読む

サンドバッグプロジェクト

2011年11月より活動開始。南三陸漁業再生支援協会からの「ワカメの養殖棚に使うサンドバッグが欲しい」という要望がきっかけとなり設立、全国各地でワークショップを開催し、ミシンで縫って制作し、お届けしています。

もっと読む