ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう宮城プロジェクト ブログ追加しました・・・震災後2年間、学習支援に通った牡鹿を訪ねる

ブログ追加しました・・・震災後2年間、学習支援に通った牡鹿を訪ねる

三陸海岸の最南端に位置する牡鹿半島は、リアス式海岸の独特な地形による豊かな自然をたたえた土地です。石巻市の中心部から、車でアップダウンの激しい道を越えて行く牡鹿半島の鮎川浜は、昔から鯨漁を中心とする漁師町として栄えてきました。  ふんばろう宮城プロジェクトのメンバーは、津波の被害を受けた石巻市立牡鹿中学校への学習支援のため、震災後2年間にわたり牡鹿へ足を運んでいました。当時は被災したまま撤去されない建物など、震災の爪痕が生々しく残っていた牡鹿半島の「いま」を訪ねました。

牡鹿半島の海岸沿いは地震による地盤沈下が起こり、震災直後は、風の強い日に車が波をかぶるほどでした。現在は土嚢が積まれています。

歩くと砂が音を立てることで有名だった十八鳴(くぐなり)浜も、現在は沈下によりすっかり砂浜がなくなってしまいました。これから防潮堤を築くための工事が行われるところです。過去の風景の面影が消えてしまうのは寂しいような気もします。

続きはこちらから・・・
http://blog.goo.ne.jp/fumbaro2011/e/3f2b5e27b75a1877f5042bde3861ba5e