ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper 新着情報 お知らせ一覧 告知:5/31(火) 13:00〜〈被災地に家電を送ろう!〉家電プロジェクト第1弾に関するお知らせ

告知:5/31(火) 13:00〜〈被災地に家電を送ろう!〉家電プロジェクト第1弾に関するお知らせ

〈被災地に家電を送ろう!〉家電プロジェクト 第1弾をスタートします。

東日本大震災の被災地に、生活に必要な家電を送ります。

 

※第一弾は終了いたしました。ご参加ありがとうございました。

 

津波で被災した地域では、家屋の半壊や一階がすべて流された方も多く、今もなお、不便な生活を余儀なくされています。

仮設住宅に入らなければ、家電はもらえません。

電気が通りはじめた今、家電のニーズが急速に高まっています。

ご家庭で使用していない家電、新品を買って不要になった家電、ちょうど買い換えようと思っていた家電などございましたら、掃除・梱包して会場までお持ちください。

 

以下の日時・場所にて、対象品目を集めます。

 

【日時】

5/31(火) 13:00〜21:00

【場所】

旧高島第七小学校(板橋区高島平3-13-3)

http://goo.gl/maps/qifF (別ウィンドウが開きます)

都営三田線高島平駅 徒歩2分

 

【対象品目】

・炊飯器

・電子レンジ

・電気ポット

・こたつ

・掃除機

・ミシン

・アイロン

・延長電源タップ

・テレビ

・地デジ対応

・地デジ非対応

・ワンセグ

・小型冷蔵庫

・2ドアまで

・透明衣装ケース

 

【お持ち込みの手順】

家電は、使える状態でお渡ししないと、被災者にご迷惑をおかけしてしまいます。

お手数ですが、以下の手順をお守りいただくようお願い申し上げます。

 

[事前の準備]

1. ご自身での動作確認

まずご自身で電源を投入して動作させ、その家電がちゃんと使えることを確認してください。

 

2. 掃除

お持ちいただく家電の掃除をお願いいたします。

特に電子レンジ、電気ポット、冷蔵庫は中の掃除もお願いいたします。

 

3. 電源周波数の確認

家電の対応電源周波数(50Hzか、60Hzか、両方対応か)を確認ください。型番などが書かれたシールに表記されていることが多いです。

「60Hz」のみにしか対応していない家電は西日本でしか使えず、被災地に送れません。特に電子レンジは、対応周波数が異なると危険が大きいです。ご注意ください。

 

4. 梱包、箱詰め

家電はエアパッキンでくるんで段ボール箱に箱詰めし、隙間は折りたたんだ段ボールなどを詰めて埋めてください。

⇒ エアパッキンはホームセンターなどで購入できます。

⇒ 段ボールはスーパーなどで譲っていただけます。

⇒ もし透明衣装ケースをお持ちいただける場合には、それに家電を入れて、隙間を埋めていただいてもよいです。

⇒ 小型冷蔵庫のみ、エアパッキンでくるむだけでも大丈夫です。

 

5. マニュアルの同梱

もし家電のマニュアルがあれば、一緒に箱詰めしてください。

メーカーのWebサイトにて、PDFファイル化されたマニュアルが配布されていることもあります。

 

[当日の流れ]

6. 持ち込み

当日は、旧高島第七小学校まで直接お持ち込みをお願いします。

郵送・宅配などには対応しておりません。ご了承ください。

 

7. 受付

受付にて、家電の個数分、受付伝票をお書きいただきます。

伝票にはご住所、お名前、電話番号、品名、メーカー名、商品名の記入をお願いします。

 

8. 稼働確認

受付にて、お持ちいただいた家電の稼働確認をさせていただきます。

恐れ入りますが稼働確認が終了するまでお待ちください。

稼働しなかった場合、誠に申しわけありませんがその家電はお持ち帰りください。

 

9. トラックへのカンパ

被災地への輸送をしていただくトラックへの「ワンコインカンパ」(1口500円)をお願いします。当日は東北地方のトラックをお呼びし、少しでもお仕事になるようにしたいと思っています。

(現在東北発の荷物がほとんどないため、東北のトラック業者は仕事が激減しています)

皆様のご協力を、何卒お願いいたします。

 

【お問い合わせ】

板橋区議会議員 中妻じょうた