ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper 復興支援プロジェクト ふんばろう大島

ふんばろう大島 !

<多くのご支援、ありがとうございました。支援募集は終了しました。ぜひ、大島へ遊びに来てください。>




ふんばろう大島は、ふんばろう復興支援プロジェクト絆JAPANNPO法人TEAM★E,KIZUNAふんばろう東日本プロジェクト有志が連携して、支援活動を展開しています。 今後も多くの団体と連携しながら、支援活動を行います。

【Amazonほしい物リストについて】
みなさまの温かいご支援、誠にありがとうございます。
11月20日、すべての依頼物資が充足いたしました。
今後の活動次第で、再開する可能性もあります。
その際には、お知らせいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

※写真は、11月6日撮影分(左側)と10月28~30日に大島へ伺った際に撮影した写真(右側です。

【お振込み先】

支援金の受付は終了しました。

_

全国の皆様、ご支援ありがとうございます。

_

大島の惨状は、東北の津波と同じような状態ですが、

離島の為復旧までには多くの課題が山積みです。

_

自衛隊、消防、警察、など行政も頑張って

いますが、東北同様まだ手が回りきっていません。

_

ボランティアも必要ですし、多くの支援も必要です。

_

「必要なものを、必要なところへ、必要な数だけ」

を合言葉に、支援活動をさせていただいています。

皆様よろしくお願いいたします。

_ふんばろう復興支援プロジェクト代表 笠原 正好

_

ご支援のお願い

_

台風26号は大島に大きな被害を与えました。

自衛隊、警視庁、消防の方々の昼夜を通しての

捜索が続きます。

_

我々の仲間も島を守るために最前線で活動して

います。

_

そんな仲間を支える為に、

NPO法人TEAM★E,KIZUNAは

後方支援として活動を始めました。

_

どうぞご理解いただき、ご支援をお願いいたします。

NPO法人TEAM★E,KIZUNA 星扶二雄

みなさまへ

_

今回の伊豆大島の土石流の被害範囲は、少なくとも、

東西約2キロ・メートル、南北200〜400メートル

とされています(国土地理院発表)。

数百の世帯が土石流の被害にあいました。

_

_

被害地域から車で5分ほどのところで、

美容院を営む秋元さん。

_

NPO法人TEAM★E,KIZUNA のメンバとして、

様々な支援活動をされてきました。

_

ふんばろう復興支援PJとは、東北支援活動を通じて

繋がりました。つい数カ月前のことです。

_

そして、10月16日未明の土石流災害。

「まさか、、」だったと思います。

_

ご自宅の被害は免れた秋元さんは、毎日、

最前線の社会福祉協議会(ボラセン)で、

他のボランティアの方々と共に活動されています。

_

私達もお手伝いをさせていただくために、

ふんばろう大島 を発足しました。

_

被災された方々のために。

被災された方々のために現場で活動する方々のために。

_

みなさまのご協力、よろしくお願いいたします。

ふんばろう復興支援PJ 中谷泰敏

【2013年10月23日更新】
伊豆大島内の現在の状況です。随時更新します。

以下のページをご覧ください。
1.2013年10月17日撮影 アルバム
2.2013年10月22日撮影 アルバム
3.2013年11月6日撮影 アルバム

 

2013.10.25 TEAM★E,KIZUNA事務局/ふんばろう復興支援プロジェクト

タグ: