ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう福島プロジェクト 活動レポート 活動報告:【訪問】小池長沼仮設・寺内塚合第2仮設合同夏祭り

活動報告:【訪問】小池長沼仮設・寺内塚合第2仮設合同夏祭り

<2015.08.15更新> 8月10日(月)、南相馬市の小池長沼仮設住宅の夏祭りがあり屋台のお手伝いに行ってきました。今回、ふんばろう福島プロジェクトでは、焼き鳥、かき氷、ドリンク関係と流しそうめんを担当しました。ご支援・ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

8月10日(月)、南相馬市の小池長沼仮設住宅の夏祭りがあり、屋台のお手伝いに行ってきました。

今年で3回目となるこの夏祭りは、お隣の寺内塚合第二仮設住宅との間の広場で、両仮設自治会合同で行われ、平日にもかかわらず、子どもたちを中心に200名ほどの参加がありました。

お祭り会場には、仮設住宅の自治会とボランティアグループが協力して、焼きそば、丸焼きチキン、焼き鳥、生ビールなどの屋台が立ち並びました。



子どもたち向けには、輪投げ、ヨーヨー釣りなどの遊びブースのほか、今回はポケモンワゴンが来て、ペーパークラフトやエコバッグづくりなどのワークショップをしてくれました。

そして、今回は、初挑戦のティピーブースも登場!
ネイティブアメリカンの住居用テントとしておなじみの「ティピー」を、かき氷とジュース販売用のブースにし、テント内では、スタッフが世界各地を回って撮影した子どもたちの写真が展示されました。



12時過ぎに、開会の挨拶があり、お祭りが始まると、手品、ピカチュウとじゃんけん大会、バンド演奏、毎度おなじみのバトントワーリングなどの出し物があり、広場の傍らでは流しそうめん、サラブレッドの乗馬体験など、お楽しみが盛りだくさんの夏祭りとなりました。



お祭りの最後には、仮設住宅にお住いの民謡の先生がマイクを握り、和太鼓の演奏とともに「相馬盆歌」が流れ、子どもも大人も輪になって踊りました。

今年は、すでに仮設住宅を出て災害公営住宅や再建した自宅に移った方々も多く、この夏祭りで再会し、話に花を咲かせる姿も見受けられました。

今回、ふんばろう福島プロジェクトでは、焼き鳥、かき氷、ドリンク関係と流しそうめんを担当しました。ご支援・ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

[発信:ノダ]

 


 

【訪問概要】

タグ:
福島PJロゴ

logo_ふんばっぺ福島

プロジェクトTOP

リンクバナー

smart-supply

サポートを必要としている方へ
生活サポート情報
イベント情報_index
ご連絡はこちらから
お問い合わせ
Amazon商標

AmazonおよびAmazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

転用禁止テキスト

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本プロジェクトサイトのコンテンツを無断で使用しないでください。転載等の二次利用をご希望の方は、事前に「お問合せフォーム」を利用してお問い合わせください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇