ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう福島プロジェクト 活動レポート 活動報告:【訪問】避難区域お花見ツアー

活動報告:【訪問】避難区域お花見ツアー

<2015.05.20更新> 2015年4月12日(日)に東京電力福島第一原子力発電所の事故によって避難区域となっている地域の桜の名所を巡るツアーを行いました。

 

2015年4月12日(日)に避難区域の桜を見ながら現状を見ていただく「避難区域お花見ツアー」を行いました。
「避難区域お花見ツアー」は朝にいわき駅集合で常磐道を利用して北上、南相馬ICから降りて国道6号を南下するルートで行いました。

常磐道

常磐道からは除染の進む富岡町、浪江町と手付かずで荒廃したままの帰還困難区域の姿を見ていただきました。除染が進んでいる地域では各所に除染廃棄物の仮置き場が作られています。

南相馬市

南相馬市の大亀屋で昼食をとった後、お付き合いのある小池長沼仮設住宅のお花見にお邪魔しました。

南相馬市大亀屋で昼食

 

南相馬市小池長沼仮設住宅訪問

仮設住宅のお部屋ではインターネットで福島の桜情報をLIVEカメラで見ることができました。(NTT東日本福島支店webサイト内「ふくしまの窓から」 http://www.ntt-east.co.jp/fukushima/mado/ )

若い自治会長さんから伺った相馬野馬追のお話しもよかったです。

仮設住宅の敷地内にはヤギが飼われていて、近くにエサの自動販売機が置かれていました。
花壇もありなごみます。

 

国道6号線南下

小池長沼仮設住宅を後にし、相馬小高神社、小高川堤防の桜を車窓から眺めながら富岡町の夜ノ森公園に向かいました。

浪江町、富岡町の居住制限区域では除染が行われていました。
また、福島県内の除染で出た汚染土など最大2200万立法メートルの廃棄物を補完する双葉町、大熊町にまたがる16平方キロの広大な中間貯蔵施設の建設予定地を見ていただき、施設の恒久化などへの不安から用地取得がほとんど進んでいないことを説明しました。

国道6号線は長いあいだ帰還困難区域約14kmに交通規制がかかっていましたが、2014年9月15日より一般通行が可能となりました。道路の両側には脇道に入れないようバリケードが立っています。

除染作業中・作業済みなどがわかるように旗がたてられています。除去した表面の土や草などはコンテナバッグ(大きな黒い袋)に詰められ、家の前や道路脇にまとめておかれていました。

双葉郡富岡町

夜ノ森公園には午後3時を過ぎて着いたので花見をしている方はあまりいませんでしたがちょうど満開の状態でした。満開の桜並木がゲートとガードレールによって分断されている厳しい状況を見ていただきました。

 

富岡町夜ノ森公園

富岡町夜ノ森(よのもり)公園には樹齢100年を越えるソメイヨシノなど約1500本の桜並木があり、震災前には全国からお花見客が訪れていました。

双葉郡楢葉町

次に楢葉町天神岬公園に移動、公園から南側に広がる仮置き場などを高台から眺めていただきました。


天神岬公園

現在、常磐線の南側の終点になっている竜田駅で解散、電車で帰っていただきました。


JR常磐線竜田駅

広野町の「ふたば未来学園」は今回見ていただく予定でしたが時間切れのため見ていただけませんでした。

「ふたば未来学園」は今年新たに開設された新しい高校です。秋元康さん、平田オリザさん等の著名人が作る「双葉の復興教育応援団」の支援を受け、制服がAKB48の衣装デザイナーによること等もあり復興のシンボル的存在としてメディアに取り上げられることが多い高校です。地元にとってもどうしても成功させなければならない大切な高校です。


一方、双葉郡内に以前からあり現在は避難先で他の高校や大学に間借りしたり、仮設校舎を建てて授業を続けている双葉高校(双葉町)、浪江高校(浪江町)、浪江津島高校(同)、富岡高校(富岡町)、双葉翔陽高校(大熊町)は今年度から募集停止となりました。

在校生が全て卒業した時点で休校になる予定です。再開する条件が当面考えられないため事実上の廃校と言って良いかと思います。長い歴史の中で地域の教育を担い多くの人材を育成し、たくさんの卒業生にとって大切な母校が失われて行くことも知っていただきたいと考えています。

 

今後も折に触れて被災地の美しい自然と厳しい現実を知っていただくツアーを実施して行きます。

[発信:ヤナイ]

 


 

【訪問概要】

福島PJロゴ

logo_ふんばっぺ福島

プロジェクトTOP

バナーTwitter

smart-supply

= 定期的な物資支援は終了しました =

サポートを必要としている方へ
生活サポート情報
イベント情報_index
ご連絡はこちらから
お問合わせ
Amazon商標

AmazonおよびAmazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

転用禁止テキスト

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本プロジェクトサイトのコンテンツを無断で使用しないでください。転載等の二次利用をご希望の方は、事前に「お問合せフォーム」を利用してお問い合わせください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇