ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう福島プロジェクト 活動レポート 活動報告:【訪問】南相馬市・小池長沼仮設住宅の夏祭り

活動報告:【訪問】南相馬市・小池長沼仮設住宅の夏祭り

<2013.08.29更新> 2013年8月17日(土)・18日(日)の2日間、福島県南相馬市小池長沼仮設住宅にて夏祭り屋台・工作教室・お泊まり会などのイベントをお手伝いしてきました。 夏祭りは近隣3仮設自治会との共催で行われ、盆踊りなどたくさんの出し物に約800人の住民の方々が参加し、とてもにぎやかなお祭りになりました。

2013年8月17日(土) 南相馬市鹿島区にある小池長沼仮設住宅で、住民のみなさんの夏祭りが行われ、私たちふんばろう福島プロジェクトは、こちらの仮設住宅で学習支援活動をしているご縁で、復興支援隊☆チーム府中(旧ふんばろう府中支部)のみなさんと一緒に、屋台や子どもの工作教室、お泊まり会などをさせていただきました。

 

夏祭りは、小池長沼東自治会を中心に、近隣3仮設自治会との共催で行われました。
ボランティアによる三味線・和太鼓の演奏やバトントワーリング、バンド演奏、盆踊りなどたくさんの出し物があり、約800人の住民の方々が参加してとてもにぎやかなお祭りになりました。

 


屋台は、主にチーム府中のメンバーによって、焼きそば・焼き鳥・ポップコーン・綿菓子・かき氷・スーパーボールすくい・ヨーヨー釣り・バーを出店しました。

 



工作教室は、お祭り会場の一角で段ボールを使った秘密基地作り。
のべ20名ほどの子どもたちが、思い思いの形に段ボールをつなげて基地をつくり、最後は泥んこ絵具で絵を描きました。

 

夜は、仮設住宅の集会所で子どもたちだけのお泊まり会。
昨年の夏に初めてお泊まり会を行なって以来、子どもたちはずっと楽しみにしていたようです。

今年は、神奈川県小田原市から来たバトンチームの小学生も一緒に泊まることになり、未就学児から中1まであわせて34名が参加しました。

寝る前は怖い話大会をして、夜中の12時すぎまでなかなか眠れない子もいましたが、朝は6時に起きてラジオ体操・朝食作りをしました。
8時にはようやくおにぎりとお味噌汁の朝食が出来上がり、みんなで食べました。


 

今回のお祭り会場となったのは、仮設と仮設の間にある芝生広場です。
この広場は、畑を借りて子どもたちの遊び場用に整地したもので、サッカーもできる広さです。

主催者の小池長沼東自治会の高野会長は、会場の整地から草刈り、近隣仮設自治会や協力するボランティアの調整まで裏方で奮闘してたいへんなご苦労でしたが、「翌日、住民のみなさんから『楽しかった』『よかった』と声をかけられて苦労が吹き飛んだ」と、喜びの声を聞かせてくださいました。


小池長沼仮設のみなさんは、9月に行われる東京・府中での「被災地からありがとう!」コンサートに参加して、地元のお神楽を披露する他、南相馬市の現状の報告や、女性たちの手作り小物の販売をされる予定です。

[発信:ノダ]

 


 

【訪問概要】

福島PJロゴ

logo_ふんばっぺ福島

プロジェクトTOP

リンクバナー

smart-supply

サポートを必要としている方へ
生活サポート情報
イベント情報_index
ご連絡はこちらから
お問い合わせ
Amazon商標

AmazonおよびAmazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

転用禁止テキスト

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本プロジェクトサイトのコンテンツを無断で使用しないでください。転載等の二次利用をご希望の方は、事前に「お問合せフォーム」を利用してお問い合わせください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇