ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper ふんばろう福島プロジェクト 活動レポート 活動報告:【広域】第6回ふくしま避難者の集い in 早稲田

活動報告:【広域】第6回ふくしま避難者の集い in 早稲田

<2013.06.14更新> 2013年6月9日「ふんばろう福島プロジェクト:第6回ふくしま避難者の集い in 早稲田」を開催し、弁護士相談・臨床心理士相談・被災動物保護リスト閲覧・ハンドメイドワークショップ・お芝居やお話しの会などを行いました。

 

2013年6月9日「ふんばろう福島プロジェクト:第6回ふくしま避難者の集い in 早稲田」を開催しました。

東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城ほかより41名の方にご参加いただき盛会となりました。
参加してくださった方の内訳は以下の通りです。
ご参加くださった皆様、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

南相馬市浪江町双葉町大熊町富岡町楢葉町いわき市
5名 13名 1名 3名 6名 4名 9名

 

恒例の弁護士相談・臨床心理士相談、物語屋さんによる物語り、もくれん2011さんによるお芝居、ふんばろう動物班による被災動物保護リスト閲覧、ふんばろうハンドメイドサポーターズによるハンドメイドワークショップが行われました。

今回は弁護士の無料相談を希望される方が多く、一時は待ち行列ができる状態でした。
強制避難の地域では宅地や建物の賠償手続きが始まり、この賠償に関する相談が多くなっています。
ふんばろう福島プロジェクトリーダーによる土地・建物・家財等に関する賠償についての説明会も、熱心に耳を傾けてくださる方が見受けられました。

 

毎回ご好評をいただいているハンドメイドワークショップにもたくさんの方に参加いただき、喜んでいただけたようです。

今回作成したのはクラフトテープで作るコースター。「一人だったらやらないけど、だれか一緒だと楽しみながら作れていいね。」「次はカゴが作ってみたいわ。」など、笑顔いっぱいのコーナーとなりました。

 

 

ふんばろう福島プロジェクトは、東京電力第一原子力発電所の事故によって困難な状態にある人に出来ることをできる限りしていきたいと思っています。
また、この「集い」が、福島の支援を考える方たちが出会える場でもありたいと思っています。

今後も2ヶ月毎の開催を目標に続けてまいりますので、たくさんの方にご参加いただければ幸いです。

 

[発信:タサキ]

福島PJロゴ

logo_ふんばっぺ福島

プロジェクトTOP

バナーTwitter

smart-supply

= 定期的な物資支援は終了しました =

サポートを必要としている方へ
生活サポート情報
イベント情報_index
ご連絡はこちらから
お問合わせ
Amazon商標

AmazonおよびAmazonのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

転用禁止テキスト

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

本プロジェクトサイトのコンテンツを無断で使用しないでください。転載等の二次利用をご希望の方は、事前に「お問合せフォーム」を利用してお問い合わせください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇