ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper 物資支援プロジェクト ネットを利用した物資支援をお考えの方へ

ネットを利用した物資支援をお考えの方へ

ふんばろう東日本「物資支援プロジェクト」(以下 物資PJ)は、ホームページで被災地の方々が必要としている物資を募集し、それをご覧になって物資を送ってくださる支援者さんとの間に入り、双方の橋渡しをしました。活動して行く中で想定外のいろいろなことが起こりました。それらを振り返り、良かった点、失敗した点をまとめました。再び大きな自然災害が起きた時はネットを利用した物資支援活動が有効な場合もあると思います。その時に参考にしていただければ幸いです。

[1] ふんばろう物資支援プロジェクトの特長

ふんばろう物資支援プロジェクト(以下 物資PJ)は、東日本大震災を機に、Twitterなどのよびかけで集まったボランティアの団体です。 東北の情報を集め、ネットで物資支援を呼びかけたところ、多くの支援者の方に賛同していただきました。 なぜ過去の実績がないふんばろうに、多くの方が協力してくださったのか。

もっと読む

[2] システム ー ふんばろうの物資支援のしくみ

震災直後の避難所では「必要な物が届かない(支援物資として用意されていない)」「公平を期すため人数分揃わないと配布しない」「年齢や、性別にあわせた物資の確保が難しい」など、物資の過不足がありました。物資PJはそれぞれの避難所・避難宅が「必要としている物」を募集することにより、できるだけ希望通りの物資を必要な数量だけお送りするシステムを作成しました。

もっと読む

[3] 課題と提言 - 次の災害に備えるために

震災直後から約1年間、支援活動する中で次々課題が上がり対応を迫られました。 日々押し寄せる大量の情報の整理と、膨大なネット作業量により、軌道修正は容易ではありませんでした。 その状況と課題を記しておきます。

もっと読む

[4] Amazonほしい物リスト/復興市場のシステム

ふんばろう東日本では、支援者から直接支援希望者へ物資を送っていただく「直接支援」のほかに、「Amazonほしい物リスト」を利用した支援や、外部団体である「復興市場」さんと連携した支援も行いました。

もっと読む

[5] 資料

ふんばろう東日本物資プロジェクトで、実際に配布されたちらし、ホームページなどの資料を掲載しています。

もっと読む