ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper マンガ・イラストチャリティーオークションプロジェクト

マンガ・イラストチャリティーオークション

2013年3月末日をもちまして当プロジェクトの活動は終了いたしました。 ご関係・ご協力いただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

英語ページへのボタン

マンガ・イラストチャリティーオークション終了のお知らせ

 

2013年3月末日をもちまして当プロジェクトの活動は終了いたしました。 ご関係・ご協力いただきましたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

落札合計は約700万円にものぼり、支援活動に大切に使わせていただいております。 2012年度の活動についてはこちらをご覧ください。

代表の西條からもこちらで報告させていただいております。

現地ではまだまだ厳しい状況が続いているとのことです。ふんばろう東日本支援プロジェクトでは2013年度も支援活動を続けてまいります。

スタッフ一同、漫画家・イラストレーターの先生方・落札者様・参加くださったすべての皆様の東北を思う温かいお気持ちに触れて、今回のプロジェクトを立ち上げて本当によかったと感じております。 本当にありがとうございました。

大切で貴重な作品を出品くださったすべての先生方に感謝しますとともに、 オークションに参加くださった方、宣伝してくださった方、作品を見てくださった方、 すべての皆様に心より御礼申し上げます。

ご協力の御礼と支援金の使い道

 

漫画家自ら被災地を取材し描く“語り部”活動『ストーリー311』(*ふんばろう東日本のプロジェクトではありませんが、この場をお借りしてご紹介させていただきます)

 

ひうらさとるさんを発起人として、上田倫子さん、うめさん、おかざき真里さん、岡本慶子さん、さちみりほさん、新條まゆさん、末次由紀さん、ななじ眺さん、東村アキコさん、樋口橘さんらの漫画家が現地に行って被災地で被災者の声を聞き、現代の語り部として「あの日何が起きたのか?」「あの日以降、何が起こっているのか?」を漫画とし残すことを目的としたプロジェクトです。

隔月更新で3月11日にプロローグをひうらさとるさんが、4月11日には末次由紀さんが第1話を描かれます。下記の3つのサイトからご覧いただけます!

※ふんばろう東日本のプロジェクトではありませんが、ひうらさとるさんと編集ご担当者様の許可を得てこの場をお借りしてご紹介させていただきます。

PCから閲覧の方は下記の2サイトから。専用アプリのインストールが必要になります。
デジキスサイトから閲覧 ヤフーコミックスから閲覧

iPhoneやAndroidなどスマートフォンから閲覧の方は下記のサイトから。
gooから閲覧

 

タグ: