ja_JP ja http://www.facebook.com/fumbaro.org

コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

パーソナルツール
現在位置: Wall Paper アートギビングプロジェクト 第2回支援報告

第2回支援報告

2015年8月に「みんなのたからもの ししゅう高田松原 PROJECT」様へ支援を行いました。その支援報告になります。



※ワークショップ光景

1.活動内容
震災で今は失われましたが、陸前高田市民を含め、多くの人々の心に残る「高田松原」。その美しい風景をテーマに、参加しやすい趣味である「刺しゅう」を使った作品で再現することにより、制作を通じた生きがいづくりと交流、さらに対外的に陸前高田とつながり続けるきっかけを創出するのが目的。フリー刺繍家・天野寛子先生の手芸を通じた支援活動と、NPO法人陸前たがだ八起プロジェクトなどの市民団体や有志がひとつとなり、2014年2月より仮設住宅集会所で、お母さんたちを集めた「刺しゅうのワークショップ」から活動を開始しました。
作品は20センチ四方の布に、思い思いの「松」をモチーフにした刺しゅう・アップリケの作品を作って提出。個別の作品を繋ぎあわせ、ひとつの作品として仕上がります。
この活動は作品作りだけに留まらず、仮設住宅で孤立しがちな人々や、全国に移住した高田にゆかりの有る人々を再び繋ぎ、あらたな趣味や生き甲斐も作り出しました。
今も増え続ける作品数はなんと300点以上。作品参加者は全国に広がっています。展覧会も開催しつづける手芸プロジェクトです。

※作品の一部

2.支援内容
ART GIVING Projectは、刺しゅう作品を通じたコミュニティの継続ために必要な布代や展覧会のための運搬費など130,000円の実費支援を決定し、2015年8月7日に支援しました。

直近では神戸市中央区吾妻通4の生涯学習支援センター内「コミスタこうべ 3F」で9/18〜24に展覧会が開催され、連日多くの人が観賞されました。

※展示光景の一部

このプロジェクトに関するお問い合わせ、
そして高田松原のししゅうを是非作りたい!という方は、
連絡先:みんなのたからもの実行委員会 
mail: rt.takaramono@gmail.com (中西)
までお問い合わせください。

タグ: